アボセンス恐怖症の為の特定のタグだけアドセンスを非表示にする方法

SEP_355215221321_TP_V

アボセンス恐怖症ってなんなんですかね。書いた私も分かりません。チコ(@gamerchiko)です。私は「Google Adsense」のポリシーについては勉強していたつもりだったんですけど、今井阿見さんの「WordPressで自由にブログを書く為にAdsense非表示のカテゴリを作ろう」という記事を読んでみたら「あれ?このブログ、割と違反してんじゃね?うけるw」と不安になったので見直してみました。

すると、ちらほらとグレーゾーンな記事が見つかったのでこの機会に一部の記事ではアドセンスを表示しないように設定してみました。今回はその方法について紹介しようと思います。

条件分岐タグ「has_tag」で表示・非表示を使い分けよう!

現在の投稿が指定されたタグを持っているかチェックします。指定されたタグは、投稿に付けられたタグの ID、名前、スラッグに合うかチェックされます。

関数リファレンス/has tag – WordPress Codex 日本語版

今回は「has_tag」という条件分岐タグを使ってみました。特定のタグが含まれている記事とその記事が含まれているアーカイブページとそれ以外とでアドセンスの表示・非表示を使い分ける事が出来ます。

記事ごとに使い分ける方法もありますが、ひとつひとつ設定していかないと駄目です。一方、タグで使い分ける方法ではタグを記事に追加するだけで良いので今回はこちらを採用しました!

表示・非表示を使い分けるタグのIDを調べよう!

条件分岐タグ「has_tag」を使う前にまずやらなければいけない事があります。それはタグのIDを調べる事です!管理画面で「投稿」→「タグ」とアクセスしてください。

f

すると登録したタグがいっぱいおっぱい出てくると思うんです。次に、アドセンスの表示・非表示を使い分けようと思っているタグの下にある「編集」をクリックしてください。

t

移動した先でURLを確認してください。「tag_ID=○○」の「○○」の部分がタグのIDです。

ttt

コピペでOK!タグで表示・非表示を使い分ける方法

<?php if( !has_tag( 'タグのID' )) : ?>
<!-- アドセンスのコードを記入 -->
<?php else: ?> 
<!-- アドセンス以外の広告のコードを記入 or 空白 -->
<?php endif; ?>

アドセンスを貼る場所に上記のコードをコピペしてください。このコードでは特定のタグが含まれている記事とその記事が含まれているアーカイブページではアドセンスが非表示になり、それ以外のページではアドセンスが表示されるようになっています。空白にすると何も表示されなくなります。

アドセンスを非表示にする為の専用のタグを作ろう!

当ブログではアドセンスを非表示にする為の専用のタグ「チラシの裏」を作っています。このようなタグを作るとアドセンスの表示・非表示の管理がしやすいのでぜひ、試してみてください。

参考にしたサイト

WordPressで自由にブログを書く為にAdsense非表示のカテゴリを作ろう

WordPressで特定のタグがついたページだけに表示させる条件分岐「has_tag」

記事のカテゴリとタグで表示を出し分けるWordPressテンプレートタグ in_category, has_tag

最後に

広告主の方が心置きなく広告を貼る事が出来るような質の高いブログを可能な限り、私と一緒に目指していきましょう!ブロガーは広告を貼る事で利益が得られている以上、たとえルールが厳しくても守る義務があります。アドセンスの表示・非表示を特定のタグによって使い分けるのはアボセンスを回避する為でもあり、広告主の方や広告自体の印象を下げるのを防ぐ為でもあるのです。

関連記事

レスポンシブ対応!Gushでアドセンスをダブルレクタングルで貼る方法!

スポンサーリンク

クトゥルフモンスターズ

スポンサーリンク

オススメ記事

スポンサーリンク

この記事を友達に教える

ブログ内検索

コメント

  • クトゥルフモンスターズ
  • キリチャンネル
  • クトゥルフモンスターズ
TOP